​中学受験

進学塾にご通塾されている場合、その塾のカリキュラムに沿って指導致します。復習または予習のどちらでも構いません。ご要望あればそれに従い指導致します。また、類似問題などこちらの教材での演習も可能です。

また、ご通塾いないお子様には、こちらでカリキュラムを作成し対応することができます。その際には四谷大塚の教材にて対応させていただきます。

6年生の受験生については、過去問の質問や苦手たんげんの克服、または発展問題などの演習、さらに月刊誌「中学への算数」の対応など行うことができます。

中学生

高校受験を控えなるべく先取りにて授業を展開していきます。進度のペースは個人にもよりますが、中学3年生の夏休み前後には、中学内容を終わらせるようにペースを進めます。内容によって習熟度合いが低い場合、その単元に留まり十分理解したところで進めますので取りこぼしがありません。​それ以降は、発展問題や入試問題など演習により確固たる学力の習熟を目指します。また私立中高生へは大学受験を見据えより深く学習をしていきます。個人に合わせ進度を変えていきます。

​高校生

個人に合わせ難易度や進度をその都度変更しながら行っていきます。特に数ABなど苦手な単元などは、長期に渡って繰り返し学習することで理解度を深めることにより入試問題に対応できるよう指導していきます。